ケトコロストシャンプーの成分解析!安全なシャンプーなのか!?副作用の心配は?

スポンサーリンク

ケトコロストシャンプーの含有成分について解析

薄毛治療やフケ・痒み・脂漏性皮膚等に抜群の効果があると話題のケトコロストシャンプー。

海外製のシャンプーの為、安全性等は大丈夫なのか気になると思います。

今回は、ケトコロストシャンプーに含まれる成分を解析し、安全性は大丈夫なのか徹底解剖してみようと思います。

フケやかゆみ、脂漏性皮膚炎の治療、薄毛(AGA)治療に効果のあるシャンプーについて紹介します。
薄毛治療や抜け毛予防、頭皮の痒みや脂漏性皮膚炎に効果のあると噂のシャンプー「ケトコロストシャンプー」の口コミ・評価・評判について

ケトコロストシャンプーの2大有効成分

ケトコナゾール

ケトコナゾールは昔からフケ・痒み、皮膚病等に用いられる医薬成分であり、その効果は世界各国で認められております。

また、薄毛への治療効果があると専門医によって認められており、日本皮膚科学会の2017年薄毛治療ガイドラインでは、薄毛治療対策の推奨度Bを獲得した成分であり、今最も注目の成分である。ちなみにミノキシジル、フィナステリドが推奨度Aである為、これらに次ぐ効果があるとされております。

副作用に関しての報告は非常に少ないが、人によっては、かゆみやフケ、発赤等の副作用が起きる可能性があります。その際は使用を中断しましょう。

コロストラム

天然の免疫ミルクとも呼ばれる、乳腺から分泌される初乳のことで、この成分は栄養素や成長因子を豊富に含んでいる為、毛髪の成長を手助けしてくれます。

また、乾燥や炎症等で傷ついた皮膚の補修を促す効果もあり、傷ついた頭皮を優しくケアします。

一部の美容サプリ等にも配合されている注目の成分です。

天然成分の為、副作用の報告は全く無いようです。

その他含有成分

水、ラウレス硫酸ナトリウム、コカミドプロピルベタイン、コカミドプロピルヒドロキシスルタイン、フェノキシエタノール、カプリリルグリコール、ラベンダー、ペパーミント、エッセンシャルオイル、クエン酸、キサンタンガム、塩化ナトリウム

が含有成分です。

この中で特記すべき成分を解析します。

ラウレス硫酸ナトリウム

ラウリル硫酸ナトリウムと並んでシャンプーに含まれる危険な成分と書かれている記事が沢山ありますが、実際はサロン専売品のシャンプーや、高級シャンプーにも含有されている為、危険な成分でないと言えるでしょう。

ラウレス硫酸ナトリウムは洗浄力が高い成分ですが、ケトコロストシャンプーには、頭皮の乾燥を防ぐコロストラムが入っている為、問題ないでしょう。

こちらのサイトで詳しく解析されておりますので、気になる方は見てみて下さい。

まとめ

ケトコナゾールは、日本皮膚科学会でも薄毛治療に効果があると認められた医薬品であり、副作用の症例も極めて少なく安全。

・コロストラムは毛髪の成長を助け、頭皮の乾燥を防ぐ効果がある。また天然成分である為、副作用の心配は無い。

・その他の含有成分の中で、気になる成分はラウレス硫酸ナトリウムであるが、ラウレス硫酸の高い洗浄力で洗い落とされてしまった頭皮の脂=頭皮の乾燥をコロストラムの保湿効果でカバーする事が出来る。

・その他含有成分の全てが、日本で販売されているシャンプー等の化粧品にも配合されている為、副作用の心配は極めて少ないと言える。

フケやかゆみ、脂漏性皮膚炎の治療、薄毛(AGA)治療に効果のあるシャンプーについて紹介します。
薄毛治療や抜け毛予防、頭皮の痒みや脂漏性皮膚炎に効果のあると噂のシャンプー「ケトコロストシャンプー」の口コミ・評価・評判について